笑点で大人気だった古典落語の第一人者、5代目三遊亭円楽さんは忘れてはいけない存在だ!





動画説明文:
1990年1月の映像。正統な古典落語です。

ネットの声:
・小気味良いテンポ、歯切れの良い語り口、
 先代の往年の落語を越えられる人は、
 今のところ居ない気がします。
 最高!

・円楽さんらしさが出てますね!

・面白かったですw
 うpありがとうございます。

・人生で初めてみた落語です。
 大変面白いものですね。



三遊亭圓楽 (5代目)ってどんな人?
本名 吉河 寛海
別名 三遊亭円楽(表記違い)
5代目圓楽
生年月日 1932 年12月29日
没年月日 2009 年10月29日(満76歳没)
出生地 日本の旗 日本・東京府東京市浅草区
(現:東京都台東区)
死没地 日本の旗 日本・東京都中野区
血液型 AB型
活動期間 1955 年 - 2009年
活動内容 落語家

5代目三遊亭 圓楽(本名:吉河 寛海(よしかわ ひろうみ))は1932年12月29日生まれ、
東京府東京市浅草区(現:東京都台東区)出身の円楽一門会総帥・最高顧問。落語家。



長い間、笑点の司会進行を勤め上げた5代目円楽師匠。
現在は当時楽太郎であった6代目に名が譲られていますが、
5代目の存在感の大きさには、未だに感じ入る所がありますね。


五代目 三遊亭圓楽 特選落語集 DVD-BOX
2006-04-28
三遊亭圓楽(五代目)

商品詳細を見る
“五代目・三遊亭圓楽”が魅せる、聴かせる、笑わせる!! 珠玉の特選落語DVD!

※見た人の感想※
・四天皇といわれたかたがたも談志師を除きすべていなくなってしまった。
 私が初めて本物の噺家さんを聴いたのはこの円楽師でした。
 しかも「薮入り」で感動して落涙しました。このDVDはNHKさんの放送
 そのものをパッケージしてますので落語作品主体です。枕がみじかいのですね。
 でも若い元気な(思い出の)円楽師が復活。白眉は「浜野矩随」ですが、
 「茶の湯」の大幅なダイジェストや「野ざらし」の豪快さ。
 また、いまはなき「若竹」の姿をみることができます。
 (多分借金を完済されたから引退できたのでしょうけれど)

 DVDのカバーは近年の写真で白髪がめだちますね。
 収録作品では黒々とした髪でハツラツ、上戸綾でもまけそうな姿を
 みせてくれます。どんどん売れて「中村仲蔵」や「宮戸川」など未収の作品が
 追加になってくれないかしら。落語ファンは必聴。

・先年、亡くなられた三遊亭円楽の名演を集めたDVDセットである。
 師匠であった昭和の大名人、三遊亭円生と比較するのは野暮というもの。
 円楽は円生とはまたひと味ちがった円楽落語を確立したと思う。
 その意味で、このDVDセットは貴重である。円楽の飄々として、
 また話の面白さを自らが楽しんでいるような語り口は、独壇場であり、
 思わず大笑いしてしまう。

 好みの問題もあるだろうが、円楽の真骨頂はやはり滑稽話ではないだろうか。
 「目黒のさんま」や「お化け長屋」などはまさに絶品だ。円楽師匠の高座は、
 一度拝見させて頂いたが、大柄な彼のスケールの大きな芸風に
 感心したものである。また惜しい人をなくしたという悲しみと共に、
 この真面目な芸人と一時代を共有できた幸運に感謝せずにはいられない。


落語DVD
Amazon【新着順】
Amazon人気商品
Powered By mmm.Me

Powered By mmm.Me

 X 閉じる